ENTRANCE APPROACH

門柱が出迎える、重厚にして繊細なエントランスゲート。

この邸宅に住まう方を迎えるのは街の中で存在感漂わせる列柱と風格ある門構え。

街と邸宅とを分かつ境界には縦格子を配し、凛としたモダン邸宅の美意識を演出しています。

重厚なキャノピーと植え込みの緑が潤いを添えたエントランスアプローチを歩むほどに、
深いゆとりの時間へと胸が高まります。

柔らかな光でもてなす落ち着きのエントランスホール。

この邸宅に住まう方はもとより、ゲストを優しくもてなす落ち着きを織りなしたエントランスホール。

ダウンライトに照らされ柔らかな陰影をつくる透かし積みの壁、その中ほどにしつらえた間接照明が 中央の花台を浮かび上がらせ、上品なやすらぎを演出します。

ARCHITECT DESIGN

目に焼きつけるランドマーク性。街並みをけん引する深みのある外観。

建物の外観デザインは、ブラウン系の色合いを基調にした暖かみのあるイメージ。

建物のどの面も印象的な深みを持たせ、スタイリッシュに構成しています。

塔頂部まで一直線伸びるラインを効かせたスマートなプロポーション。

シンプルかつ上品な佇まいです。

MATERIAL

持田の新しい佇まいとなる
深い表情のマテリアル。

持田の趣ある風景に相応しく時流に染まらない邸宅を求め、素材の一つ一つを吟味しました。邸宅街の歴史ある街並みに調和しながらも自然の風合いを活かしたベージュの外壁タイルを基調に重厚なブラウンのストライプを、外見を彩るアクセントとしてデザインしました。

クレア持田・持田ファースト・歴史ある邸宅街
クレア持田・持田ファースト・歴史ある邸宅街
クレア持田・持田ファースト・歴史ある邸宅街

SITE PLAN

持田一丁目の地に、独立性と解放感を求めた愛すべき私邸。

持田一丁目の中でも限られら南面解放、南東角地となる敷地。

南と東の二方向が公道に面していますので、さらなる解放感とともに心地よい通風、採光をもたらします。

その良質な敷地だからこそ実現し得た、前提南向きをはじめとする充実のランドプラン。

そしてクオリティ薫る住空間まで、永住のためのポテンシャルを磨きあげました。

クレア持田・持田ファースト・歴史ある邸宅街
クレア持田・持田ファースト・歴史ある邸宅街
クレア持田・持田ファースト・歴史ある邸宅街
ページトップに戻る